【WDWGenie+完全攻略】「ハリウッドスタジオ編」ジーニープラスのコツ伝授!ディズニーワールドを攻略しよう!

5.0
WDW(ディズニーワールド)

こんにちは!yumeです。

前回は、ウォルトディズニーワールドの4つのパークの中の一つ宇宙・世界・未来をテーマにした「エプコット」ジーニープラスのコツパークを楽しめる回り方をお伝えしました。

今回は、映画の世界を作り出す魔法を楽しめるパーク「ハリウッドスタジオ」の、ジーニープラスのコツについてお話ししていこうと思っています!

yumeno TABI blog撮影 ハリウッドスタジオ

ハリウッドスタジオは4つのパークの中でも、超混雑大人気アトラクション1番多いパーク!

個人的に絶対にジーニープラスを購入するべき!と思うパークなので、その理由とジーニープラスを使った効率のいいハリウッドスタジオの回り方をお伝えしていきますので、是非最後までご覧ください〜!

ブログ後半にはWDW(ウォルトディズニーワールド)のチケットを公式サイトよりもお得に購入できる【klook】で利用できる当サイト限定クーポンコードについて詳しくお話しさせていただいていますので要チェック!

yume
yume

この記事は次のような人におすすめ!

  • ディズニーワールドに行く予定がある方
  • ジーニープラス「ライトニングレーン」について詳しく知りたい方
  • 「ハリウッドスタジオ」の回り方を知りたい方

【格安航空券予約・購入アプリ「エアトリ」】

40周年期間中にディズニーに行きたいけど、どこで予約しよう?」と悩んだ方必見

ディズニー公式ホテル・ディズニーオフィシャルホテルもお得!国内航空券とセットでさらにお得に最大70%OFF13社一括比較で最安値!アプリ経由での申込みのエアトリポイントは5%還元(国内旅行5%、海外旅行2%)!

旅行の計画・比較できる「エアトリアプリ」は画像をTAPでダウンロード⇧

海外ディズニーに行きたいけど、久しぶりの海外で航空券の予約をするのが不安、、、。そんな方でも大丈夫!海外航空券「希望条件」&「簡単選択」で探しやすくお得!

では、行きましょう〜!

  1. 【Genie+おさらい】LL(ライトニングレーン)とは?
  2. 【Genie +攻略】ハリウッドスタジオLL対象アトラクション・グリーティングまとめ「yume TABI blog自作マップ」!
  3. 【Genie +攻略】「ハリウッドスタジオ」LL対象人気アトラクション紹介!
  4. 【Genie +攻略】「ハリウッドスタジオ」LL対象人気ショーを紹介!
  5. 【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜朝①回目LL取得〜
  6. 【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜②回目LL取得〜
  7. ●【おさらい】LL取得後アトラクションがシステム調整になった時の救済!「マルチエクスペリエンス」
  8. 【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜③回目LL取得〜
  9. 【☆LLの取得方法コツ【おさらい】】ポイント!「キャンセルLL」を拾って良い時間をゲットしよう!
  10. 【△LLの取得方法コツ【おさらい】】「キャンセルLL」を拾う時の注意ポイント!
  11. 【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜④回目LL取得〜
  12. 【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜⑤回目以降LL取得〜
  13. 【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】LL対象ショーの取得のおすすめ
  14. 【ハリウッドスタジオLL取得検証結果!】「ハリウッドスタジオ」Genie +LLを実際に1日使ってみた結果
  15. お得情報!チケットが安くなる!?当サイト限定「klook割引クーポン」紹介
    1. 【klook割引コード】入力方法簡単説明!
  16. 【Genie+完全攻略】ジーニープラスのコツ伝授!ディズニーワールドを攻略しよう!(ハリウッドスタジオ編)まとめ
    1. 関連

【Genie+おさらい】LL(ライトニングレーン)とは?

※「ジーニープラスのコツ伝授」の「マジックキングダム」「エプコット」と同じ内容がありますので知っていよ〜という方は次へどうぞ!

ジーニープラスのLL(ライトニングレーン)は「LL対象のアトラクションを普通に並ぶよりも、早く乗ることができるシステム」です。

yumeno TABI blog撮影 ミッキーのランナウェイレールウェイ LL対象アトラクション

「ジーニープラス」は有料のシステムで、1人につき1日15〜35ドル(変動あり)かかります。

ライトニングレーン取得ルール

  • 同じアトラクションは1日1回のみ取得ができる(例:1回目LL「タワー・オブ・テラー」○→2回目LL「タワー・オブ・テラー」✖️)
  • 一度取得した「ライトニングレーンのキャンセル・変更・人数変更」も可能

★ライトニングレーンについて詳しく知りたい方は【Disney Genie大解説!】「ジーニープラス」を習得してディズニーワールドを100倍楽しむ方法!をどうぞ!

ライトニングレーンを使って早く乗れるアトラクションが限られていることと、料金がかかるという所から購入するかどうか悩む方がいらっしゃると思うので、

この記事を読んで「ジーニープラス」がハリウッドスタジオ必要かどうか考えてみてください。

おさらい終了!本格的にハリウッドスタジオ編スタート!

【Genie +攻略】ハリウッドスタジオLL対象アトラクション・グリーティングまとめ「yume TABI blog自作マップ」!

ハリウッドスタジオでは、2023年3月現在14個のアトラクションLL(ライトニングレーン)を利用することができます。

yumeno TABI blog編集 ハリウッドスタジオLL対象マップ
引用:ディズニーワールド公式サイト

ハリウッドスタジオは、4つのパークの中でも混雑する大人気アトラクションショーが多く、ショーのクオリティがとても高いものばかりなので、やりたいことが多くなりスケジュールを組むことが難しいパークです。

日中は60分以上の待ち時間になるアトラクションも多くあるので、個人的にはハリウッドスタジオではジーニープラスを購入することをおすすめします!

ジーニープラスを駆使することで「ハリウッドスタジオ」を1日で制覇することも可能です。

yume
yume

ハリウッドスタジオはジーニープラスにお世話になりすぎたよね!笑

人気なアトラクションが本当に沢山あって、

正直一番やりたいことができるか不安なパークだったから

ジーニープラス買って効率よく回れて本当に良かった

shinya
shinya

不安だったから約二日間時間取っておいたもんね!笑

アトラクションにもスムーズに乗れたし、

ショーも人気な物が多かったからライトニングレーン使って、

良い席を確保できたのも安心材料になったよね!

【Genie +攻略】「ハリウッドスタジオ」LL対象人気アトラクション紹介!

yumeno TABI blog撮影gopro スリンキードッグダッシュ

特に並ぶアトラクション

  • スリンキー・ドッグ・ダッシュ
  • ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイ
  • ミレニアムファルコン:スマグラーズラン
  • △タワー・オブ・テラー

ハリウッドスタジオのアトラクションの中で、特に人気で常に混んでいるイメージのあるアトラクションはスリンキー・ドッグ・ダッシュ」、「ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイ」「ミレニアムファルコン:スマグラーズラン」「△タワー・オブ・テラー(時期による)です。

yumeno TABI blog撮影・編集

この4つのアトラクションは、ジーニープラスLL(ライトニングレーン)対象です。

どのアトラクションも常に「60分以上」の待ち時間があり、より人気なアトラクションに関しては100分以上」の待ち時間の場合もあります。

この中でもライトニングレーンが無くなるのが特に早いアトラクションは、「スリンキードッグ・ダッシュ」です。

yumeno TABI blog撮影 スリンキードッグダッシュ乗車場所

映画「トイストーリー」に出てくるキャラクタースリンキーのアトラクションで、ゲストはスリンキーに乗っておもちゃの中を駆け回るジェットコースタータイプのアトラクションです。

とても人気なアトラクションなので、待ち時間も日中はかなり伸びて常にスタンバイで60〜100分以上早めにライトニングレーンを取得して抑えておきたいアトラクションです。

yumeno TABI blog撮影 ランナウェイ乗車中

スリンキードッグダッシュの次に人気なアトラクションは、「ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイ」もしくは「ミレニアムファルコンスマグラーズ・ラン」です。

ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイ」は、ミッキー達について行き、不思議なアニメーションの世界へ冒険に出ていくアトラクション!

アトラクションの動きも面白く映像が綺麗五感を使ってたのしめる要素もある面白いアトラクションです。

yumeno TABI blog撮影 ミレニアムファルコンスマグラーズラン パイロット席

ミレニアムファルコン:スマグラーズ・ラン」は、映画「スターウォーズ」に登場する「ミレニアムファルコン」に実際に乗り込み、それぞれの役割についてミッションをコンプリートしていくアトラクション!

どちらのアトラクションもスタンバイの待ち時間が日中60〜80分ほどの待ち時間になることもあり、ライトニングレーンも同じくらいの早さでなくなることが多いです。

「スリンキードッグダッシュ」の次に、ディズニーワールド公式アプリで待ち時間などを見比べながら、ライトニングレーンを早めに取っておくことをおすすめします!

yumeno TABI blog撮影 タワー・オブ・テラー外観

時期によって混雑の違いがあり、私がハリウッドスタジオに行った2022年11月頃は「タワー・オブ・テラー」もかなり混雑していて、ライトニングレーンのなくなる早さも早かったです。

季節や時期によって待ち時間の変動があるので、ディズニーワールドに行く予定の1週間ぐらい前からどれくらいの混雑状況なのかを知るために、ディズニーワールド公式アプリから待ち時間を見ておくことをお勧めします!

ご紹介した4つのアトラクションはとても混雑していて人気なアトラクションなので、乗ってみたい!と思った方は是非ジーニープラスライトニングレーンを使ってみてください!

【Genie +攻略】「ハリウッドスタジオ」LL対象人気ショーを紹介!

ハリウッドスタジオには、LL対象のショー全部で現在4つあります。

yumeno TABI blog撮影 「美女と野獣」ライブ・オン・ステージ

ハリウッドスタジオLL対象ショー

  • 「美女と野獣」ライブ・オン・ステージ
  • ディズニー・ジュニア・プレイ&ダンス
  • 生まれて初めて:シング・アロング・セレブレーション!
  • インディ・ジョーンズ:スタント・スペキャタクラー!

ディズニーワールドのLL対象ショーをライトニングレーンで取得した場合は、一般のゲストよりも早くショーのエリアに行くことができるので、早めに座席を確保することができます。

yumeno TABI blog撮影・編集

その中でも人気のショーは、「「美女と野獣」ライブ・オン・ステージ」と「インディー・ジョーンズ:スタント・スペクタキュラー」です。

ハリウッドスタジオのLL対象ショーは座席数が多いものが多く、公演回数も多い

ですので、人気なショーでもスタンバイで何時間前から並ばないと見れないということはあまりなく、

ショーがスタートするギリギリの時間でも見れることもありますし、ショースタート30分くらい前に行けば良い席で見ることができる可能性もあります。

yumeno TABI blog撮影 インディージョーンズ・スタントスペキュタクラー

ですが、人気のショーだと開演ギリギリにショーに行くと、良い席が確保できない可能性が高いです。

そのため、ショーをより良い場所で観たい!待ち時間なくショーを観たい!と思っている方は、ライトニングレーンでショーの座席を待ち時間なく早く確保できるので、是非ライトニングレーンを使ってみてください。

【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜朝①回目LL取得〜

※2022年11月に現地に行った際の情報が含まれているので参考程度に見てください。

yumeno TABI blog編集

7:00〜1回目LLは、「LLが無くなるのが早く、待ち時間が長いもの」を取ることが大事なのでハリウッドスタジオでは、

スリンキー・ドッグ・ダッシュを取得することがおすすめ!

ライトニングレーンを取得できる時間が11時の想定である「2回目LL取得」の時点で、すでに人気アトラクションのLLが夜の時間帯(18:30など)のLLしか取得できない可能性が高く、LLが無くなってしまう可能性もあります。

yumeno TABI blog撮影 スリンキードッグダッシュ

スリンキー・ドッグ・ダッシュ」は、13時過ぎの3回目LL取得の時点で「LLがない」ことが多く(PM12:00には無くなってること多い)、2回目LL取得11時ごろ時点で既にLLがなくなっている混雑している日もありました。

スリンキー・ドッグ・ダッシュ」のLLを取得する場合は、おすすめは「朝一7:001回目LL」!もしくは「11時ごろ2回目LL取得」のどちらかでLLを取ってください。

「スリンキー・ドッグ・ダッシュ」のスタンバイ列は外!お昼を過ぎるとかなりの日差しで強い中100分以上の待ち時間を並ばないためにも、朝早めのLL取得、もしくは朝一でスタンバイに並ぶことをお勧めします。

なるべく1回目のLLで早めに取得した方がいい理由は、LLを取得する時間が遅くなり夜の時間帯のLLを取得できた場合「夜のショーの時間と被る可能性が大」という理由です。

「夜のショー」を観たい人は、ライトニングレーンの取得時間を注意

yumeno TABI blog gopro撮影 ファンタズミック

ショーを待つ時間ショーの時間にLLを取得する時間が被ってしまうことあり

ハリウッドスタジオの夜のショー20:00〜22:00」の時間に各ショーがスタートすることが多いので、被らないようにLL取ることだけ注意してください!

ご自身がハリウッドスタジオに行かれる日のショーのスケジュールは、「ディズニーワールド公式アプリ【マイディズニーエクスペリエンス】」の「Entertainment」から要チェック!

【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜②回目LL取得〜

2回目LL取得は、パークがオープン9:00だとすると2時間後11時取得可能になります。

想定の11時ごろだとまだほとんどのアトラクションショーLLが残っていますLL取得3回目の想定13時には、混雑日人気LL無くなっている可能性もあります。

yumeno TABI blog gopro撮影 ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイ乗車中

2回目のLL取得では、LLが無くなるのが早く待ち時間が一日を通して長い「ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイ」もしくは「ミレニアムファルコン:スマグラーズ・ラン」の取得をおすすめします。

時期によっては「タワー・オブ・テラー」もLLが無くなるのが早い日もあり、優先順位が高い方は2回目LL取得の時点で確保しておいた方がいいもありますが、

基本的には緩やかにLLが無くなるイメージがあるので、より早くLLの取得時間がすぎる「ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイ」と「ミレニアムファルコン:スマグラーズ・ラン」のどちらかのLLを2回目に取得する方がいいと思います。

個人的には、この3つの人気アトラクションのどれかのアトラクションを朝一のスタンバイで乗っておくことが、効率よく回れるコツでもあると思います。

yumeno TABI blog撮影 ライズオブレジスタンス入り口

私たち夫婦はILL(インディヴィデュアルレーン)対応アトラクションの人気アトラクション「ライズオブレジスタンス」をアーリー(直営ホテル宿泊者特典一般ゲストより30分早く入れる)の朝一に乗車して、課金をせずに短い時間で乗車するプランを立てていきました。

実際にアーリーの朝一のスタンバイで「ライズオブレジスタンス」に乗車したところ、30分もかからずに乗車をすることができたので、

その足で、朝の空いているうちに同じエリアのスターウォーズギャラクシーエッジ内にあるLL対象アトラクションの「ミレニアムファルコン:スマグラーズ・ラン」10分もかからずスタンバイで乗車をすることができました。

ハリウッドスタジオは他のパークに比べると広くないので別エリアにも行きやすいものの、朝の時間に効率よく回るため自分がいるエリアから近いアトラクションのスタンバイに並ぶことをおすすめします。

yumeno TABI blog撮影 朝一ミレニアムファルコン前

注意が必要なのが、アーリー朝一で行ったのにも関わらずオープン前から「ライズオブレジスタンス」がシステム調整で開いていなくて、並ぶことができない日です。

実際に私たちがハリウッドスタジオに行った日も、朝一番からシステム調整で「ライズオブレジスタンス」がやっておらず絶望しました。笑

朝一「ライズオブレジスタンス」がやっていなかったので、私たちは朝一に「ミレニアムファルコン:スマグラーズ・ラン」に向かいスタンバイで5分ほどで乗り終え、その後「ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイ」に乗車しに行ったところ、スタンバイ「10分待ち」で乗車することができたので、朝のうちに人気アトラクションをあっという間に2つ乗車できました。

朝一であれば、スタンバイを使っても人気アトラクションをスタンバイでも短い待ち時間で乗車することも可能なので、朝の時間を有効活用してみてください。

ハリウッドスタジオ朝のスタンバイ待ち時間の差
ディズニーワールド公式アプリスクリーンショット

アプリを見て毎日待ち時間を調査したところ、朝の時間帯(9:00ごろ)は「スリンキー・ドッグ・ダッシュ」(約60待ち)と「ライズオブレジスタンス」(約100待ちそれ以外のアトラクションは「30分以内」の待ち時間でまだあまり混雑はしていませんでした。

ですが、1時間後のAM10:00になるとミレニアムファルコン:スマグラーズ・ラン」「ミッキーとミニーのランナウェイ・レールウェイ」「タワー・オブ・テラー3つ共に「60分以上」の待ち時間と一時間で倍の待ち時間に伸びていることが多かったです。

ハリウッドスタジオLL対象人気アトラクション待ち時間比較
ディズニーワールド公式アプリスクリーンショット

ライズオブレジスタンス以外のアトラクションもシステム調整で止まってしまうこともあるので、その場合は注意が必要ですが「朝を制する人はハリウッドスタジオを制する人」と言えるほど、朝の時間を上手に使うとパークで過ごす一日を効率よく回ることができます。

朝にスタンバイで人気アトラクションを乗っておくと、2、3回目のライトニングレーンどのアトラクションを取得するか選択に迷わなくなります。

●【おさらい】LL取得後アトラクションがシステム調整になった時の救済!「マルチエクスペリエンス」

※「マジックキングダム・エプコットジーニープラスのコツ」でもお話ししていますので、知っている方は「2回目LL取得」へGO!

人気なアトラクションのLLを取得できた!と楽しみにしていたら、システム調整でアトラクションが止まっていた!その場合は「マルチエクスペリエンス」が発行されます。

yumeno TABI blogスクリーンショット 実際のマルチエクスペリエンス画面

マルチエクスペリエンス」とは、アトラクションが止まってしまった時に「LLを取ってくれてたのにごめんね!アトラクション止まっちゃったから、このマルチエクスペリエンス使って他のアトラクションを楽しんできて!」というものです。

どんなアトラクションにも使えるわけではなく、自分が取っていたLLのアトラクションによって使用できるアトラクションが決まっていたり、パークホッパーで違うパークに行くからその時に使おうと思っていてもシステム調整があったアトラクションがあるパークでしか使えなかったりと少し縛りがありますが、

せっかくお高めのお金をかけたジーニープラスを無駄にすることなく、他のアトラクションに使用ができるのはとても便利です。

yumeno TABI blogスクリーンショット 実際のマルチエクスペリエンス画面

マルチエクスペリエンス」を使って利用できるアトラクション一覧は、画面下の「Find out where you can go」をクリックすると見ることができます。

自分が取得していたLLが止まってしまった場合は、この「マルチエクスペリエンス」を使って他のアトラクションを楽しんでみてください。

【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜③回目LL取得〜

3回目LL取得の想定時間は13時です。ハリウッドスタジオでは13時を過ぎると人気なアトラクションのLLは、「夜の時間帯のLL」の取得ができることがほとんどです。

yumeno TABI blog撮影・編集 LL3回目取得おすすめアトラクション

1番人気の「スリンキー・ドッグ・ダッシュ」のLLは無くなりスタンバイ100分以上、「2回目LL取得」の時におすすめした2つのアトラクションのLLは「18:00前後」の時間帯になっていることが多く、スタンバイも60分以上最大120分ほどまで待ち時間が伸びることもあります。

夜のショーを観たい方はLL取得時間に注意しつつ、まだショーの時間帯よりも少し早めの人気アトラクションのLLを取得できる時間なので時間を確認しつつ取得してみてください。

タワー・オブ・テラー」は「ファルコン」と「ランナウェイ」に比べると、LLは緩やかに無くなるって言ってたし後回し!と思っていると要注意です!

「タワー・オブ・テラー」も2つの人気アトラクションのLL取得時間と30分ほどの差しかないことが多く、スタンバイの待ち時間も60分以上になっていることも多いので油断をしてはいけません。

ハリウッドスタジオLL対象「タワー・オブ・テラー」待ち時間
ディズニーワールド公式アプリスクリーンショット

もしくは、「ロックンロールコースター」のLLを取得するというのも一つの案です。タワー・オブ・テラーと同様に混雑をするアトラクションですので、公式アプリから待ち時間を確認しながら取得をしてみてください。

お昼を過ぎたあたりからハリウッドスタジオはかなり混雑してくるので、スタンバイで無理をして並ぶのではなく、ジーニープラスを購入した場合はフルでLLを利用して待ち時間を減らしてみてください。

3回目LL取得」は1.2回目でLLを取得せずスタンバイでも乗車していない人気アトラクションを、夜のショーの時間帯を気にしつつ取得してみてください。

yume
yume

スリンキー以外の人気アトラクション3つ

同じくらいのLL取得時間のことが多いから何を取るか迷った!

けど、朝にスタンバイで乗っておくと余裕ができるから、

空いているうちのスタンバイとLLのどちらも駆使すると

乗りたいアトラクションに沢山乗れるよね!

shinya
shinya

そう思う!LLを取るとかなり早く乗れるけど、

それと同じくらい朝一はスイスイスタンバイでも

乗れること多かったもんね!

早起きは大変だけど、、、。笑

【☆LLの取得方法コツ【おさらい】】ポイント!「キャンセルLL」を拾って良い時間をゲットしよう!

※以前の投稿を見て「もう知っているよ!」という方は、次の話へGO〜!

【Genie+完全攻略】ジーニープラスのコツ伝授!ディズニーワールドを攻略しよう!(マジックキングダム編)でもお話しした、「ライトニングレーン取得のコツ」についておさらいをしてみましょう!

ハリウッドスタジオでは「3回目LL取得」予想時間であるPM13:00は、「人気アトラクション」は夕方の時間のLLかLLを取得できない可能性があると言いましたが、「キャンセルLL」を拾うことができれば「早い時間のLL」もしくは「LLを取得する」ことが出来るかもしれない方法があります!

LL取得方法ポイント!】

時間が経つにつれて本来ならLLの取得できる時間も遅くなりますが、誰かが取得していたLLをキャンセルした場合早い時間のLLが表示される」ことがあります。

yume TABI blog編集 Genie+「キャンセルLL」を狙う方法

例:「マジックキングダムピーターパン

「現在時刻15:00」「ピーターパン」のLLを取りたいけど、アプリで取得できる時間は「20:00」のLL。

20:00だと夜のショーに時間が被ってしまうので、アプリ上でもう一度検索し直したら現在時刻から30分後の「15:30」のLLが出て来たため、早い時間でLLを取得するができた。

例は「マジックキングダム」のピーターパンで説明しましたが、ハリウッドスタジオでも同じ!

検索をし直す方法はアプリの「Tip Board」画面を下に引っ張るだけ!

パークで再検索をする手間は増えますが、「ライトニングレーンを取得できない」「スタンバイの待ち時間が長すぎて乗れない」と諦めずに、ライトニングレーンをアプリで検索し続けると良い時間の「LLのキャンセルを拾う」ことができる可能性があります。

常にLLのキャンセル拾いはできるので、「しばらく時間があくな〜」というタイミングなどに再検索してみると、より自分のスケジュールに合ったいい時間のアトラクションのLLを取得することもできる可能性があります。

yume
yume

ハリウッドスタジオに行った時に、

トイストーリーエリアにある「エイリアン・スワーリング・ソーサーズ」を乗ろうと

LLを取ったら目の前にあるのに「1時間後」のLLだったから、

もっと近い時間のLLが出てこないか検索し直したら5分後に乗車できるLL

出てきて移動することなくすぐ乗れたことがあった!

shinya
shinya

スタンバイで並ぶにも40分くらいの待ち時間があったし、

どうしようかって悩んでたから、ありがたかったよね!

【△LLの取得方法コツ【おさらい】】「キャンセルLL」を拾う時の注意ポイント!

【LLキャンセル拾いの時の注意点!】

yume TABI blog編集 LLキャンセル取り直し注意点まとめ

例:マジックキングダム ピーターパン

LLの再検索する際に既にLLを取得している場合、今「取得しているLLを一度キャンセルをしないと「新しいLLを取得」することができません。

一度取得したLLを手放すことになるので、今取得しているLLよりも早い時間のキャンセルLLを発見したから取得済みのLLをキャンセルして、

新しいLLを取得しに戻ったらキャンセルLLがその間に取られてしまっていたという可能性もあります。

ライトニングレーンを変更することはできず、一度キャンセルしてからでないと新しいライトニングレーンを取得することができないのがデメリットなので、キャンセルをする場合はよく考えてみてからにしてください!

【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜④回目LL取得〜

4回目以降のLL取得は、「人気なアトラクションのLL」が無くなりLLがなくなる速度が緩やかで取得しやすいアトラクションが残ります。

今まで「マジックキングダム」と「エプコット」のジーニープラスライトニングレーンの攻略方法をお伝えして来ましたが、「ハリウッドスタジオ」だけ少しこの「4回目LL取得の方法」が違います

yumeno TABI blog撮影・編集 LL4回目取得おすすめアトラクション

ハリウッドスタジオは、今まで紹介した人気アトラクションの他にも待ち時間が長く人気なアトラクションがあります。そのアトラクションは、「△ロックンロールコースター」「トイストーリー・マニア」と「エイリアン・スワーリング・ソーサーズ」です。

ロックンローラーコースター」はLL3回目取得でもお話ししましたが、混雑するアトラクションなので「LL取得3回目」までに取得ができなかった場合はLL4回目」で取得をするのもおすすめです。

他の2つのアトラクションは、LLの無くなる速度は緩やかなもののハリウッドスタジオが混雑してくるお昼過ぎあたりに「60〜100分」の長い待ち時間になることがあります。

yumeno TABI blog撮影 トイストーリーマニア入り口

トイストーリ・マニア」はディズニーシーにもあるのでご存知の方も多いと思いますが、ほとんど日本と同じアトラクション内容になっています。

並んでいる列の装飾や構造に違いがあるので、見比べてみるのも面白いので時間に余裕がある方は是非乗ってみてほしいアトラクションです。

yumeno TABI blog gopro撮影 エイリアン・スワーリング・ソーサーズ乗車中

エイリアン・スワーリング・ソーサーズ」は日本には無いアトラクションになりますが、とても似ているアトラクションがあります。

そのアトラクションは「ベイマックスのハッピーライド」のトイストーリー版!リトルグリーンメン達が沢山乗り場にいて可愛らしいアトラクションです。

この二つのアトラクションのどちらからLLを取得してもいいですが、「トイストーリー・マニア」は常に待ち時間が長いのでLLを取得して乗車することをおすすめします。

【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】効率の良い「LL優先順位」大紹介〜⑤回目以降LL取得〜

5回目LL取得以降」は、ハリウッドスタジオの場合1〜4回目までのLL取得で主要のアトラクションを既に取得してある場合、残っているLL対象のアトラクションが限られてきます

残っているLL対象アトラクションは、「スターツアーズ」「マペッツ・ヴィジョン3D」のみで、他のLL対象は「グリーティング(オラフグリーティング)」と「ショー」になります。

スターツアーズとマペットの待ち時間
ディズニーワールド公式アプリスクリーンショット

スターツアーズ」は常にスタンバイ30分以内で乗車でき、「マペッツ・ヴィジョン3D」もスタンバイ10分以内の乗車が可能なので、

時間が空いた場合LLを取得するものが無い場合などに取得すれば、スタンバイよりも早くアトラクションに乗車することができ、次のライトニングレーンをすぐに取得することも可能ですので上手く利用するといいです。

オラフのグリーティング」のLLを取得をしても良いですが、グリーティングオープン時間が18:00までのことが多いので時間に注意です!

「オラフのグリーティング」は空いている時間が多く、スタンバイで「20分前後」の待ち時間のこともあるので様子を見つつスタンバイで会いに行くのも良いと思います。

【★ライトニングレーン取得優先順位攻略】LL対象ショーの取得のおすすめ

yumeno TABI blog撮影・編集

冒頭でハリウッドスタジオのライトニングレーンは「ショー」も対象だとお話ししましたが、ライトニングレーンを上手に利用することで「ショー」も待ち時間なく良い席で鑑賞することができます

LL対象ショー参考時間

  • 「美女と野獣」ライブ・オン・ステージ 約全6回公演 例:11:00〜17:00 14:00以外毎時刻公演
  • インディー・ジョーンズ:スタント・スペクタキュラー 約全5公演 例:10:45,12:00,13:15,15:15,16:30
  • ディズニージュニア・プレイ&ダンス! 約全10公演 例:9:55,10:35,11:55,12.35,14:10,14:50,15:30,16:15,16:55
  • 生まれてはじめて:フローズン・シングアロング・セレブレーション 約全11公演 例:9:30〜19:30まで毎時間30分に公演

LL対象ショーは1日に5〜10以上の公演があるので観るチャンスは沢山あります。ですがショーのLLを取得したい場合、お昼ごろまでは人気アトラクションのライトニングレーンを取得して使用していることが多いと思います。

ライトニングレーンは2つ同時に取得ができないので、「3回目LL取得」予想時刻の13:00まではアトラクションにLLを使用しているという体で考えると、

フローズン」は遅い時間までショーがやっているので18:30、19:30のどちらかのLLを取得、もしくは会場も広いのでスタンバイで並びに行き、「ディズニージュニア」も公演数が多く、他のショーに比べると混雑が落ち着いているのでスタンバイで並びに行く、

残る2つのショーが混雑が予想される人気なショーで、良い席で鑑賞するにはスタンバイで公演の30分前を目安に行くことがおすすめです。(すぐ入場できる訳ではなく、入場するために並べます。)公演時間を含むと約1時間ほど時間が必要なので、そんなに時間をさけない!という場合は、LLを取得することがおすすめです。

yumeno TABI blog撮影・編集

ショーのLLを取得した場合の入場時間は、ショーが始まるまでの約30分前にスタンバイで並んでいる人達よりも早く入場ができます。ショーのLLの注意ポイントは、ショーギリギリの時間に行ってもショーのエリアに入ることはできますが、既にスタンバイのお客さんも入場している場合があるので必ず良い席で観れるとは限らないことです。

LLを取得していても指定席」がある訳ではなく「早めに入場」ができるだけなので、良い席で観たい場合はLL取得の場合でも、少し早めにショーへ向かうことをおすすめします。

13:00以降の公演だと、「美女と野獣」は15:00、16:00、17:00が取得可能で、「インディー・ジョーンズ」は15:15、16:30の2公演の取得が可能になります。

ショーの上演時間はどちらとも約30分なのでこの予定の場合だと、例:【15:00に「美女と野獣」すぐにインディLL取得16:30の「インディ」】というスケジュールで行けば夜のショーの時間にも重なることがありません

ショーのLL取得時間に注意!

ショーのLLは、「3回目のLLが取得できる時間」や「取得済みにアトラクションの時間」によっても変わってくるので、当日ご自身が取得したLLショーの時間を照らし合わせて考えてみてください。

ショーLL取得注意ポイントとしては、1〜3回目のLLで取得したアトラクションショーの時間が被っていないか確認が必要です。ハリウッドスタジオでアトラクションもショーもどちらも楽しみたい方は、事前にショーの時間をディズニー公式アプリで確認しておいてスケジュールを立てておくと良いと思います。

【ハリウッドスタジオLL取得検証結果!】「ハリウッドスタジオ」Genie +LLを実際に1日使ってみた結果

yumeno TABI blog編集 ジーニープラスを利用しハリウッドスタジオの1日

「yume夫婦ハリウッドスタジオGenie +1日LLスケジュール」の表には、スタンバイで並んだアトラクションは含めていません。

ライトニングレーンを使ったもののみ記載しています。

2022年11月にハリウッドスタジオで「ジーニープラスを購入してライトニングレーン使った結果はこうなりました!

結果7個」のアトラクションを1日で取得をすることができました。私たちは「サイファイ・ダインイン・レストラン」のランチの予約があったのと、ハリウッドスタジオの夜のショー「プロジェクションマッピング」と「ファンタズミック」を観たので、19:00すぎのライトニングレーンは取得しませんでした

yumeno TABI blog撮影 サイファイダインインシアターレストラン

予定を調整すれば、7個以上」ライトニングレーンを取得することも可能だと思います。

ハリウッドスタジオはショーも多人気のアトラクションも多くスタンバイの待ち時間も伸びやすいのでスケジュールを組むのが難しかったです。ですので、ハリウッドスタジオでは個人的には「ジーニープラス」を購入することをおすすめします!

私たちは朝一の時間にスタンバイでILL対象アトラクションの「ライズオブレジスタンスを乗車して、さらにLL対象アトラクションの「ミレニアムファルコン(2回)」「タワー・オブ・テラー」「ロックンローラーコースター」を乗り終えられました。

スタンバイでも人気アトラクションを楽しむこともできますが、ハリウッドスタジオはお昼にかけてかなり混雑するので、アトラクションやショーを楽しむための安心材料として、ジーニープラスがあると良いと思います。

yumeno TABI blog撮影 ミレニアムファルコン朝スタンバイ

ライトニングレーンを利用したことで「ミレニアムファルコン」は、LLも取得をして1日で3回も乗車することができ、ミレニアムファルコンを操縦する役職が3つ(パイロット・ガンナー・エンジニア)あるのですが、1日で役職をコンプリートすることができました

ライトニングレーンを上手に利用することで、アトラクションやショーのどちらも楽しむことができるので、混雑を回避しつつ人気アトラクションやショーが多いハリウッドスタジオを楽しんで見てください

お得情報!チケットが安くなる!?当サイト限定「klook割引クーポン」紹介

yumeno TABI blog編集
klook公式サイト

klook(クルック)」は、全世界400以上のエリア10万件以上の旅行アクティビティを提供する「旅行体験予約プラットフォーム」!海外・日本のチケットやツアーを安く・簡単に予約できます。

実際に私も利用klookを利用しましたが「日本語で予約可能!」「即時予約可能!」「スマホ画面を見せるだけで現地で利用可能!」。

その他にも予約するアクティビティによっては「優先入場特典」や「プレゼント(グッズ)特典」がついてくることもあり、「キャンペーン・割引クーポン」によってかなりお得に購入できることがあるので安心・お得に予約をする事ができます。

★当サイト限定klookクーポンはこちら⇩

【klook当サイト限定クーポンコード「5%割引」!】(「コピーする」をタップでコピー可能)

yumetabi

  • 有効期限2024年6月31日まで
  • klook商品5%割引(対象外あり)

WDW(ウォルトディズニーワールド)のチケットを【公式サイト】と【klook】で比較してみました。klookは「日本語予約可能」だし公式サイトよりもだいぶ金額が高いんじゃない?と思う方は必見です!

【例:3日間パークホッパー付きチケット(2023年11月2日〜)】

WDW公式サイトのチケット金額→「1人 577.54ドル」(日本円151〜152ドルレート=87,334円

klookのWDWチケット金額→当サイト限定割コード入力後「81,202円」(割引コード入力前「1人 82,717円」)

「WDW(ディズニーワールド)公式サイト」よりも【約6,000円】安かったんです!当サイト限定割引クーポンを入れる前から既に【約4,500円】ほど公式サイトよりも安いので断然お得です。

さらに支払い方法も様々で「クレジットカード」「paypay」「paypal」「applepay」があります。「クルックの日の6日・9日」はpaypay決済で利用できる【9%クーポン】が配布されるので、さらにお得にアクティビティ予約をする事が可能です。

WDW公式サイトは「英語表記のみ」「ドルでの支払い(クレジットカード支払いがメイン)」なので初めての方や英語が心配という方もいらっしゃると思いますが、klookなら安心!

日本語表記での予約が可能で「チャットでカスタマーサポート(日本語可能)」と連絡を気軽に取り合うことも可能!

【klook割引コード】入力方法簡単説明!

yumeno TABI blogスクリーンショット klook検索画面

klookの検索ボックスから【ウォルトディズニーワールド】を検索します。(ディズニーワールドだと検索結果に出ない場合があります。)

yumeno TABI blogスクリーンショット ディズニーワールド予約画面

ウォルトディズニーワールドリゾートページをスクロールし、「日付」「チケットの種類(パークホッパー:1日でいくつかのパークに行く事ができる)」「日数」「パーク(パークホッパーチケットの場合は「マルチパーク」を選択)」「イベント」を選択して【予約手続き】へ進み、お客様情報の入力画面で詳細を入力します。

yumeno TABI blogスクリーンショット klook予約の際のクーポン適用方法

お客様情報入力画面下の【割引タイプ】の検索ボックスでクーポンコード【yumetabi】を入力し、【適用】するとクーポンコードの詳細が表示され、割引金額が表示されます。(クーポンによっては利用できないアクティビティや他のクーポンと併用できないものもあるので注意。)

yumeno TABI blogスクリーンショット 予約前のクーポンコード入力

予約をする前にクーポンコードを入力しておきたい方は、【アカウント】から【クーポンコード】をタップ。検索ボックスにクーポンコード【yumetabi】を入力し、適用しておけば予約をする際にクーポンコード適用可能なアクティビティであれば自動で適用されるので、クーポン入れ忘れを防ぐこともできます。

とてもお得にディズニーワールドのチケットを購入できるので要チェックです!

【Genie+完全攻略】ジーニープラスのコツ伝授!ディズニーワールドを攻略しよう!(ハリウッドスタジオ編)まとめ

yumeno TABI blog撮影 トイストーリーランドエリア入り口

ここまで読んでくださってありがとうございました!

今回は、「ジーニープラス」のライトニングレーンを使って「ハリウッドスタジオ」効率よく回るコツをお話しさせていただきました。

ハリウッドスタジオは、人気混雑アトラクションが多くパークの回り方に悩んでいる方もいらっしゃると思います。今回の記事を読んでいただいて、ハリウッドスタジオを皆様が楽しめるお手伝いができると嬉しいです。

「ジーニープラスのコツ伝授」他パークはこちらから⇩

エプコットをライトニングレーンを使って限られた時間の中でより楽しむ方法をお伝えさせていただきました!次回は「【Genie+完全攻略】ジーニープラスのコツ伝授!ディズニーワールドを攻略しよう!(アニマルキングダム編)」です。

お楽しみに〜!

★ 楽天ルームにもWDWおすすめグッズ載せていきます!要チェック!→楽天room

タイトルとURLをコピーしました